サイズプロウルトラが人気!サイズ・勃起力・持続力がアップ

活性酸素が男性をダメにする

サイズプロウルトラ

ED・勃起不全・不妊症は、現代特有の様々な原因が考えられて、その患者数も急増しています。また、そのほかにも原因がよくわからない質病がたくさん増えてきています。

 

そのような中でここ数年来、医学界で最も注目され続けているのが、人間の体内に発生する「活性酸素の害」です。

 

 

人間は本来、活性酸素を抑制、除去する「抗酸化物質=SOD酵素」を持っているのですが、ほとんどの現代人はその生産能力が落ちているのです。

 

現代特有の要因が複雑に絡み合って、体内に「活性酸素」が非常に出やすい状況になっているのです。

 

なぜ、現代人の体内は活性酸素が過剰に発生してしまうのでしょうか?

 

その理由として、環境汚染による植物汚染・食生活の欧米化・食品添加物・飲酒・たばこ・紫外線など、実に様々なことが要因として考えられます。

 

しかし、その中でも経穴の難しい問題として、現代の競争社会・情報化社会のストレスが考えられます。

 

つまり、私たちの置かれている生活環境は、活性酸素を発生させる要因に満ち溢れているというわけです。現代人なら皆、この状況から抜け出すことは不可能と言っていいでしょう。

 

人間に性来、備わっているはずの「抗酸化物質」もこう言った状況下では、その生産能力をどんどん低下させざるを得ません。

 

しかも、この「抗酸化物質=SOD酵素」は、20代を100とすると、40代では80、50代で60、と言うように加齢とともに減少し、80代ではもう分泌されなくなります。

 

血管は活性酸素により、いわばさび付いた状態になってしまいます。特に、勃起は血液の集中によって起こる現象ですので、活性酸素によって、もろに打撃を食らってしまう。

 

勃起力が急激に低下してしまうわけです。日本人の中高年の男性たちは様座な問題が山積みになっています。ストレスが男性たちを直撃しています。

 

サラリーマンの場合ですと、不況・リストラのあらしが吹き荒れています。特に性力が衰える中高年は、まともにそのターゲットになり、競争社会の職場での陰湿ないじめやリストラの手口を新聞・雑誌の記事で良く目にします。

 

若い頃は年功序列・終身雇用を信じて安い給料でも必死で働いてきたのに、いざ中高年になって「さあ、これから」という年代になってみたら、上司や若いOLにいじめられ、リストラにおびえ、未来への不安を抱える日々。

 

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」と言おう60年代の高度経済成長の時代は、はるか昔の遠のき、今では夢の話です。

 

唯一、安らげるはずの自宅に帰ってみれば、家はローンがいっぱい残った状態、欲求不満の妻には冷たくされ、子供からも相手にされない、テレビでは不安感をあおるニュースばかり、こういう環境では精力減退を感じないでいられるのは、精神的に相当タフな人だけです。

 

中には、本当にノイローゼのようになってしまし、「帰宅恐怖症」と呼ばれる症状の男性も増えてきています。

 

「中高年層の男性の自殺が急増している」という新聞記事も衝撃的なものでした。普通に生きていくことさえ、難しい時代になってしまったのでしょうか?

 

中高年を精力減退の追い込んでいるのは、まさに「日常生活で逃れることのできない、耐えきれない様々なストレス」だと言えるでしょう。