サイズプロウルトラが人気!サイズ・勃起力・持続力がアップ

性行為の心臓への負担について

性行為の心臓への負担

日本人は性行為の問題を離したり、病院で相談したりすることを躊躇してしまう人が多く、医者のほうでも専門医以外は個人の性行為の話題に触れたいとは考えていない。

 

男性は80歳まで、女性は78歳まで性行為が可能だといわれています。性行為による新血管系の負担は年齢によって異なってきます。さらに心疾患患者や高齢者では性行為による心臓への負担はとても大きいものだを考えられます。

 

実際には、心疾患患者にどのような性生活を送ることがいいのか、さらに成功意中に志望してしまう突然死についても検討しなければいけません、

 

依然アメリカで、性行為と心停止の危険性、に関するシンポジウムが開かれたことがあります。始めて大々的に性行為と心血管系の問題が検討されたものでした。

 

成功時に心欠陥パラメーターを観察した研究で、健常者における成功維持の血行動態反応を比べます。健常者のボランティアを対象に、成功意中の心拍数を測定しました。オルガズム時の最大の心拍数は114プラスマイナス14/1分でした。さらに女性上位でも男性上位でも大意による数値の変動はありませんでした。

 

しかしこの研究にも限界があり、性行為全体の測定時間が5分間と短く、オルガズムも15秒以内で終了しており、その中で数値を計測するには限界があったのです。

 

人間の性行為時の身体活動は個人差が大きく、特に若いカップルと、結婚して長年経たカップルで派生的興奮や性行為の挿入の仕方も違ってきます。性行為にかける時間も異なるし、前戯の時間も異なります。

 

そこで、高い年齢の健常者を対照としたデータのみで考えてみることにしました。平均年齢50歳の中年男性を対象に、オルガズム時の平均最大心拍数は123でした。この研究では、若年者と比較して血行の付加に大きな違いを認めることはできませんでした。

 

3分間のジョギングをすることができれば、性行為を行うには十分な体だといえるでしょう。具体的に言えば、平均的な性行為の運動量は、階段2階分を上がるのと同程度だといわれています。

 

これにより、成功意中の大意によっては男性の負荷が大きい場合があるけれども、健常者の場合には性行為による血行への負荷は少ないものだとわかりました。